芸能・スポーツ・ニュース等・話題の最新情報

話題の焦点

Sponsored Link

サッカー日本対オランダ戦は、守備が いかんともし難い ものだ。

読了までの目安時間:約 5分

 

オランダのクリスタルアリーナで11月16日に行われた日本対オランダ戦のサッカーの試合は、試合開始直後、ボール支配率も高く試合を積極的に仕掛けていました。

 

それなのに、13分過ぎにロングボールに対する処理ミスで内田篤人選手が先制点を許してしまいました。

毎度、お粗末な失点場面でした。

 

その失点により、日本の守備ラインは、下がり気味になり相手陣営へのプレシャーを掛ける事もなくなりました。そうなれば、相手の思うツボです。相手のボランチに自由にボールを回され最後には、ロッペンに強烈なミドルシュートを決められてしまいました。

 

ディフェンスがこんなにも簡単に点を取られては、試合になりません。今後の全日本の大きな課題だと思います。

このまま一方的な流れになるのかと思っていたら、前半の終了間際にカウンターからチャンスを作り、大迫勇也選手が決めて日本が1点を取り返しました。

 

 

さて後半ですが、オランダは、1点のリードの為か まるっきり引き気味になってしまいました。

 

そして、ハーフタイムより左サイドに香川真司選手、中盤に遠藤保仁選手を入れてきたことによりパスの廻り方がスムーズになりました。

 

極めつけは、後半開始15分過ぎ、遠藤選手からのサイドチェンジパスから始まりました。

そこからワンタッチで、内田・岡田の壁パス、そして本田へ渡り大迫・本田で同点ゴールをもぎ取ることができました。

 

これは、アジア予選で席巻してきた本来のパスサッカーが蘇った瞬間です。

そのパスサッカーが、ヨーロッパの強豪国であるオランダ相手に通用しました。

 

欧州の大きなデフェンダー相手には、ロングボールを使ってスピードで勝負を挑むのは得策では無く、ワンタッチでのシートパスの方が通用するのかもしれません。

 

かといって、攻撃がパスサッカーで通用するとしても守備のお粗末さを忘れてはならない。

現在の守備を今後どのように立て直していくかが大きな課題です。

 

日本代表は、なか2日でベルギーと対戦します。かなり強行日程ではありますが頑張ってもらいたいです。

ベルギーは、世界的な強豪であり、特に二列目のアザールとフェライニは、強烈!です。

また、ベルギーのディフェンダーは、超大型。今回のようなパスサッカーが通用するのか否かが、興味津々であります。

 

最後に日本対オランダ戦のゴール集です。

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
 

 


 



 


トレンドニュース ブログランキングへ

 

タグ :      

スポーツ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

Sponsored Link