芸能・スポーツ・ニュース等・話題の最新情報

話題の焦点

Sponsored Link

日本の消費税は、最低でも15%にしないと駄目だよ。IMFより

読了までの目安時間:約 2分

 

5月30日に国際通貨基金(IMF)は、日本の経済政策を調べた上で声明を発表した。

財政再建を実現するためには、来年の消費税率10%では足らず段階的に最低でも15%の消費税率にするよう求めた、、、

 

 

 

 

同じく日本の労働人口減少についても、女性や高齢者の雇用を増やし、外国人労働者を受け入れるよう期待を示した。

 

又、保人税については、財政再建の負担にならぬよう、代わりの財源を確保しながら慎重に進めるべきだとの見解を示した。

 

 

会見でのIMFのデビッド・リプトンIFM筆頭副専務理事は、「成長戦略無しに金融緩和に依存すると、更なる円安を引き起こすことになり、世界経済にとってはマイナスである」と述べた。

 

 

スクリーンショット 2014-06-02 9.28.30

 

 

先進諸国に比べて消費税率は低いようですし段階的に上げるべきなんでしょう。

 

確かにお説ごもっともなんですが、国民の収入が増えない上での消費税率アップは納得できません。

 

 

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

タグ :    

ニュース ネタの種   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

Sponsored Link