芸能・スポーツ・ニュース等・話題の最新情報

話題の焦点

Sponsored Link

ストレスが多い20代30代の女性にホルモンのアンバランスからくる若年性更年期障害が増えている

読了までの目安時間:約 4分

 

最近の20代、30代の若い女性は、仕事も男性と同等を求められるきつい状況でストレスやホルモンのアンバランスから「頭痛、だるさ、不眠、火照りや手足の冷え、月経痛が重い、生理不順」などの更年期障害のような症状を訴えるひとが増えてきているという、、、

 

 

 

日本の女性の閉経年齢の平均は、50歳前後といわれていますが、近頃まだ20代、30代の若い女性にも更年期障害と同じような症状を訴えるひとが増えてきているという。

 

若年性更年期障害の症状は、月経不順や月経異常など基本的な症状やほてり、のぼせ、頭痛やめまい、耳鳴りといった体の症状から、精神的な症状になる不安感やイライラ、憂鬱感の増幅、不眠といった症状に現れてきます。

 

その原因と言われるのがストレスや無理なダイエット、食事などの不規則な生活が大きいです。

 

特に、ファッションにこだわり季節を問わず肌の露出の多い服装の影響で体が冷えることが若年性更年期障害発症の要因になっています。

 

若年性更年期障害の症状を長く放置していると、後で様々な治療を試しても治らなくなる事があります。早めの治療を受ける事が肝心です。

 

 

 

治療方法としては、女性ホルモンを補充することで女性ホルモンのバランスを調整します。

ただし、ホルモン剤の使用によっては副作用が懸念され発がん性のリスクがあると言われています。

 

漢方薬であれば、長期間の服用でも副作用が無いことから安心して使用する事が出来ますが、即効性がなく効果がでるまで時間が掛かると言われています。

又、鍼灸治療は自律神経を整えるツボを刺激して体調を整えていきます。

 

 

でも、そうならない為にも予防や生活習慣の改善が必要です。

 

 

精神的・肉体的にも頑張り過ぎずリラックスを心がける事。

大切なのは、十分な睡眠時間を取り適度な運動を行い正しい食事をキチンと取ることです。

 

 

やりたい事をやり、食べたい物を食べストレスを残さずリラックスすることが一番ですね。

 

 

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 



 


トレンドニュース ブログランキングへ

 

タグ :     

ライフ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

Sponsored Link