芸能・スポーツ・ニュース等・話題の最新情報

話題の焦点

Sponsored Link

海外旅行で東南アジアのタクシー・グルメ・宿泊などのお得な旅行おすすめランキング

読了までの目安時間:約 4分

 

この程、エクスペディアジャパンが国内と東南アジアを対象にタクシー、グルメ、宿泊などの各国のコストを算出し、ランキング形式で発表した、、、

 

 

 

 

 

 

エクスペディアジャパンが実施した「観光コスパ対決」(以下KCP)は、国内旅行と東南アジア旅行の費用と効果を対比させた度合いを表す。

 

 

 

海外旅行コスパ

 

 

 ※為替レートは、2014年2月27日付のGoogle Financeによる

 

 

 

最初にLCCの1km当たりの運賃を算出したところ、東南アジア各国では高くても20円以下でいける事がわかった。例えば、安い香港では、1桁の金額でいける。香港〜バンコック間で自質1万2千円程度で行ける。日本国内でのLCC料金は、香港の実に約5倍となっている。

 

 

次に各国の5つ星ホテルの平均価格を比較したところ、1番値段の安い国は、ベトナムで1万2,540円でした。日本は4万1,400円で実にベトナムの3倍である。

 

 

現地観光での移動費用は、東南アジアの電車・タクシーの初乗り運賃が圧倒的な低価格である。日本のコスパの悪さは、飲食・レジャー等も含め全てにおいて低コスパであり、予想した通りまだまだ東南アジアとの格差があることがわかった。

 

 

気になる総合ランキングでは、1位にベトナム、マレーシアが2位、タイが3位となった。

 

日本は、全ての面で割高であり、最もコスパの良いベトナムと比べると日本との差は約4倍にも広がり、単純に日本国内旅行1回分でベトナム旅行が4回弱行ける計算になる。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 




 



トレンドニュース ブログランキングへ

 

タグ :         

ライフ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

Sponsored Link