芸能・スポーツ・ニュース等・話題の最新情報

話題の焦点

Sponsored Link

欧州の演技派スター俳優が一堂に会する話題の映画「リスボンに誘われて」の予告編が公開される

読了までの目安時間:約 4分

 

全世界でベストセラーになったパスカル・メルシエの小説「リスボンへの夜行列車」を映画化した「リスボンに誘われて」(原題:Night Train to Lisbon) の予告編が完成し、公開されました、、、

 

 

 

 

 

1冊の本から導かれるようにポルトガルの美しい街リスボンを訪れてしまう主人公を演じたのは、「運命の逆転」で第63回アカデミー賞主演男優賞を受賞した英国の名優ジュレミー・アイアンズさんです。

 

映画の主人公は、高校の古典文献学を教える普通の高校教師ライムント。5年前に離婚をして孤独な日々を送っていました。そんなある日の朝、吊り橋から身を投げようとしている女性を助けたことでストリーは急展開をします。

 

彼女が残した本にはリスボン行きの切符が挟まれていました。それを届けに駅へと向かいホームに行ったが、何故か衝動的に夜行列車に飛び乗ってしまう。

 

車中でその本を読んでみたところ、本の内容に興味を抱いたライムントは本の作者であるアマデウを訪ねるが、彼は若くして死亡したことを知る。

 

そして彼の知り合いを訪ね歩き、彼が関わったある事件や危険な政治活動への参加、友情をも裏切った情熱的な恋などアマデウの謎を解き明かして行く。

 

やがて彼の本当の素顔やこの本を書いた本当の理由にたどり着くことで、ライムトンもまた自身の人生と向き合うことになる、、、

 

 
映画『リスボンに誘われて』予告編

 

 

 

アマデウを演じるのは「アメリカン・ハッスル」「キル・ユア・ダーリン」などで人気のイギリスの俳優ジャック・ヒューストン、アマデウと運命的な恋に落ちるエステファニアには「イングロリアス・バスターズ」のフランス人女優メラニー・ロランが演じる。

 

 

その他にも「ヒトラーの贋札」のアウグスト・ディール(ドイツ)、「愛を読む人」のブルーノガンツ(スイス)や「ロード・オブ・リング」のクリストファー・リー(イギリス)、「スイミング・プール」のシャーロット・ランプリング(イギリス)など欧州の豪華スター俳優達が要所を固めている。

 

 

監督は、「ペレ」、「愛の風景」でカンヌ国際映画祭で2度もパルムドールを受賞しているデンマークの名匠ピレ・アウグストです。

 

 

映画「リスボンに誘われて」は、2014年この秋にBunkamuraル・シネマなど他で全国公開が決定。

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

タグ :     

芸能   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

Sponsored Link