芸能・スポーツ・ニュース等・話題の最新情報

話題の焦点

Sponsored Link

真木よう子第37回日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞と最優秀助演女優賞の2冠達成!

読了までの目安時間:約 4分

 

第37回日本アカデミー賞で女優・真木よう子さん(31)が第二回(1979)の大竹しのぶさん以来35年ぶりの最優秀主演女優賞と最優秀助演女優賞の2冠を達成した。

 

 

 

 

 

3月7日、会場となった東京グランドプリンスホテル新高輪国際館パーミールで授賞式は行われ、最終作品賞は、石井裕也監督の「船を編む」が受賞。

 

同作品は、他に最優秀監督賞、最優秀主演男優賞、最優秀脚本賞、最優秀録音賞、最優秀編集賞の計6部門を制覇した。

 

 

そして個人賞部門で真木よう子さんが「さよなら渓谷」で最優秀主演女優賞、「そして父になる」で最優秀助演女優を獲得した。

 

最優秀主演女優賞の名前が発表されると、にっこりと微笑みかけながらすくっと起立し、胸に手を当てながら壇上に上ると喜びが溢れるように満開の笑顔であいさつ。

 

 

真木さんは、黒いタキシード姿で「さよなら渓谷」について「一生女優を続けたいと思わせてくれた映画」と説明。

 

「本当に嬉しいです。『さよなら渓谷』の現場にいた一人残らず全ての方がこの賞がとれたと思っています。ありがとうございました」と挨拶しました。

 

 

今回の授賞式は、海の向こうの第86回アカデミー賞外国語映画賞の日本代表にも選出された「船を編む」が日本アカデミー賞でもその力を十分に発揮したようです。

 

 

最優秀監督賞を受賞した石井裕也監督は、「今回は松田さんを勝たせたかったんです。良かったです」とほっとした様子。そして、松田龍平さんは、「個人賞をたくさんいただいて嬉しいけど、作品賞が一番嬉しい」と爽やかな笑顔をふりまいた。

 

 

 

受賞作品リストは、以下の通り。

 

 

最優秀作品賞:「船を編む」

最優秀監督賞:石井裕也「船を編む」

最優秀主演男優賞:松田龍平「船を編む」

最優秀主演女優賞:真木よう子「さよなら渓谷」

最優秀助演男優賞:リリー・フランキー「そして父になる」

最優秀助演女優賞:真木よう子「そして父になる」

最優秀脚本賞:渡辺謙作「船を編む」

最優秀撮影賞:笠松則通「許されざる者」

最優秀照明賞:渡邊孝一「許されざる者」

最優秀美術賞:吉田孝「利休にたずねよ」

最優秀録音賞:加藤大和「舟を編む」

最優秀編集賞:普嶋信一「舟を編む」

最優秀音楽賞:久石譲「風立ちぬ」

最優秀外国作品賞:「レ・ミゼラブル」

最優秀アニメーション作品賞:「風立ちぬ」

新人俳優賞:綾野剛、菅田将暉、星野源、吉岡竜輝、忽那汐里、黒木華、壇蜜、濱田ここね

話題賞:作品部門「真夏の方程式」、俳優部門:若林正恭「ひまわりと子犬の7日間」

協会栄誉賞:高倉健

協会特別賞:白鳥あかね、福田明、
吉田晴美

会長特別賞:故大島渚監督、故高野悦子さん、故熊谷秀夫さん、故三國連太郎さん、故夏八木勲さん

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
 

 

a8mat=2BLP40+7YZ4J6+2Z58+C0YF5" target="_blank">

 

 



“"

 


トレンドニュース ブログランキングへ



 

タグ :       

芸能   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

Sponsored Link